So-net無料ブログ作成
検索選択

8/24 佐世保ピースボート [etc.]

peaceboat2.jpg 海から佐世保を見るいい機会で、8月24日(日)ピースボートに乗ってきました。
 
 佐世保港湾の82%は米軍の制限水域となっていて、一般市民の自由な出入りや利用が制限されています。私が佐世保に来て10年ですが港がどうなっているのか何も知りません。解説は米軍を監視する市民団体リムピース佐世保編集部の篠﨑正人さん。

 
peaceboat1.jpg いつも陸から眺めているのは市街地付近の海のみ、自衛隊艦船は遠くにしか見えません。前に弾道ミサイルを迎撃成功したイージス艦「こんごう」も目の前です。

 海上から立ち入り禁止水域以外のところを1周ぐるっと回り、佐世保湾の大きさが感覚的にわかりました。素直な感想は「不気味なくらい軍事利用されていること」。かなりの部分で、そこが米軍基地の証である白いフェンスが張られ、自衛隊の基地も含め広大な湾全体が軍事施設です。「豊かな海」とは対極の印象でした。「銃は向けられないけれど、必ず米軍の船が近寄ってくるよ」と聞かされてましたが案の定セキュリティの船が寄ってきました。篠﨑さんが言っていたのは、ここ(佐世保港)を米軍の人たちは自分の海だと思っているということ。市街地から見えないところで工事の始まっているLCAC(エア・クッション型揚陸艇)の駐機場や弾薬庫(4万6000tで西太平洋最大)、地下燃料備蓄タンクなどやりたい放題。海から見上げると、先日放射能が漏れていたのに知らん顔していた原子力潜水艦が接岸されていた岸壁なんか民間住宅地の真下という感じです。

 
peaceboat3.jpg 佐世保市街地から見えない奥の方では、巨大な輸送艦がタグボートに押され接岸するところでした。民間の船のような形だけれど、全体的に戦艦の色彩。「なんか不思議な感じ」と思っていたら、自衛隊では民間の船も輸送に使っているとのこと。民間船の形だと相手を欺くことができるからだと。

 自衛隊艦船の磁力を消去する場所が横須賀と佐世保の二ヶ所にあり、全艦必ず年1回検査を受けることになっているそうです(機雷の反応をさせないため)。磁気マットで測定してコイルで消去、上を通ったけれど全然そんな場所とはわからない、、、。そこに1艇自衛隊の船が繋留されてましたが、船首の番号がなく、篠﨑さんの話しでは「この船は自殺者が多かったことで知られるミサイル護衛艦○○(私が名前わすれました)です。番号を消しているのは民間への売却先を探しているところなのです。」と。え!(売るの)という声が上がりました。ちなみに最近自殺者を出した自衛隊の「さわぎり」も佐世保港にいました。

 
peaceboat4.jpg 佐世保湾の港口に近いところに「深部探査船ちきゅう」。こういう船が泊まっているだけでホッとします。


peaceboat5.jpg 米軍艦船なのに白い船体の、弾道ミサイル観測船「オブザベーション・アイランド」。この船に関してはシークレットだらけなのだそうです。スパイ活動専門でこれだけは近寄らない方がいいと言ってました。


 佐世保港一周、篠﨑さんは2時間喋りっぱなし、よくまぁここまで知っているなと関心するくらい、この説明がよかったです。ずーっと知らない情報てんこ盛り。頭に入りきれなかったし、ノートにも書ききれませんでした。ホント佐世保はこのままでいいのだろうか???また来年も乗ろうと思います。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

8/31西海パールシーリゾート「さかなクン」 [etc.]

sakanakun.jpg
 最後に気を抜きすぎて適当になってしまった。やべぇ怖すぎる!「魚でなくてオメェを喰っちまうぞ」っていう感じ。すまぬ!さかなクン。
 
          -*-*-*-
 
 夏休み最後の土日(30・31日)、西海国立公園内にあって九十九島クルーズの玄関口「西海パールシーリゾート」で夏祭りでした。2日目(31日)はパールシー水族館の営業最終日、翌日から大改装の工事に入り来年夏にリニューアルオープン。今度はイルカもくるそうです。さぁ大打ち上げの最終日夜は「さかなクン」登場。「さかなクンになりたい」と日々精進している6歳の娘は来るとわかった日から指折り数えて待ってました。

 さかなクンのトークショーは、多くの人たちが見れるようにと屋外のウッドデッキで。普段は親と離れるのはイヤと言っているのに、今回ばかりは30分以上前からひとりで最前列をキープ。もうとにかくすごい人です。

 さかなクン登場!

 「きゃぁ〜!」ハイテンション!ハイテンション!!びっしり埋め尽くした人の視線がくぎ付けです。子どもハートは登場とともにがっしりとつかまれてしまいました。九十九島に生息する魚のイラストを描きながらトークを続けてます。クイズを出されて娘は「はぁーーーーい!!」「はぁーい!!!!!!!」と手を上げるのですが、そりゃもう転がしておけるくらい子どもがいる訳ですから(?)指名してくれるのは無理な話です。当たった人にはさかなクンが前で模造紙に描いたその絵と「さかなクンシール」「さかなクンカード」をプレゼントしてくれるので、子どもは必死です。娘にとって45分間はあっという間だったでしょう。残念だったね、と言うと「うん、」と言ってましたが、他の子どもたちも結構魚のことを知っていたので闘志を燃やしたみたいです。近々長崎市まで行った時にはもらった図書カードで図鑑を買うみたいです。
 
 さかなクンは「来年夏に呼んでくれたらマタ来ますね!きゃ〜ぁ!!」と言って帰って行きました。来年のオープン記念でまた呼んでくれたらうれしいですね。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

佐世保宇久島 [etc.]

 今年の夏、長崎県五島列島最北端「宇久島」に行ってきました。妻の仕事絡みで、行く日の2日前に突然「土・日で宇久に行くよ」と。カメラマンの都合でその日しかなかったそうです。行くかもしれないという日は前月から、予め休みを入れておいたのですが、突然のことだったので、「娘と二人で行ってくれば?」と言うと「家族で被写体にならないといけないからダメ」だと。

 カメラマンは写真家の中倉壮一郎さん。仕事の本拠地を東京から長崎に移したそうです。確か日大芸術学部写真学科卒と言っていた気がします。「写真学科を出たからといって皆写真を撮って生活している訳ではないんですよね?」と聞くと「そうですね」と。やはり写真で食べていくのは相当才能がないと無理のようです。

 前にも書きましたが(Photo:写真家って)、写真って技術以前に人柄のような気がします。被写体が人の場合、短時間でも警戒心を解くようにうまくコミュニケーションをつくらないとシャッターチャンスすらないはずですもんね。簡単には真似できない、人間性から醸し出される「技」です。
 
 中倉さんが持参してきたカメラは2台(EOSだった気がします)。2つともデジタルです。今はもうデジタル主流なんですか?と聞くと、「地方に行く程デジタルを使います。使うフィルムが手に入らないんです。自分たちが使っているのはプロラボでテスト済みのフィルムで、それが手に入るのは九州では福岡の2カ所だけなんですよ。」と。撮影で使っているのはRAWモードで、デジタルだとつい枚数多くなってしまうことはないんですか?と聞くと「それはないですね、どっちでも枚数は同じです。」と言ってました。
 
 Macも持参されていて、1日目の夜に写真管理ソフト:iPhotoでスライドショー。RAW現像をデフォルトで機械的にやっての色のようでしたが、それでも充分すぎるほどすばらしいものでした。かなり広角なのですが、写真は円形でなくて四角です。後で見ると写真の縦横比がかなり横長になっているものもあるので、広角で円形に記録されたものをカメラ内で処理・展開したのではないかな?と思います。魚眼円形データをスクエアに展開するソフト(DeFish:Mac専用/英語版のみ)を以前使ってみたのですが、切り出すとかなり横長になったんですよね。それと似てる気がしました。でもさすがはプロが使うカメラ、周辺部の歪みが少ない気がします。写真家って一瞬一瞬を切り取って、それで生活をしている。やはり撮る写真はスゴいです。スライドショー、その衝撃はすごいものでした。
 
 ***
 
 宇久のいいところは、ほとんど観光の手が入っていないところ。コンビニやスーパーなんかありません。過疎化が進み若い人達は外に出て行き、発展とは逆方向に進んでいます。地元では多くの人が宇久に来てもらいたいと頑張ってますが、人が集まって発展すれば当然外の資本が入ってきて他の観光地のようにどこも似たり寄ったりになってしまうはずです。遥か昔、海の武士としての階級「海士(あまんし)」がいた宇久島は、他の漁村とは違う雰囲気を感じます。宇久に行った時にTV番組「ワンステップ」の収録で若者が1週間来て祭りに参加したことを話してました。地元の人達と番組で放送された内容とのギャップに驚き。都会からは地方ましてや過疎地なんてこんな風にしか捉えてないんだとがっかり。おそらく宇久の人達も放送見てガックリきたのではないでしょうか?「若者が過疎地でこんな体験しました」で終わり。30分の2回放送と言っていたけれど、2回目は5分もなし。なんだそれ?番組収録で地元の人の協力を得るならば、それに応えるだけの番組を作って放送するのが恩返しだと思うのですが、、、。番組では自然のすばらしさもそっちのけでした。宇久じゃなくても良かったんじゃないか?というような構成。島の様子も伝えるべき重要な一部分だと思うのですがね。
 
IMG_1268.jpg 宇久の空の青さ、海のきれいさは絶品です。沖縄に行ったことはないですが、負けないんじゃないでしょうか?中倉さんの写真がすばらしいのですが、勝手にのせられないので妻が撮った写真を。娘と泳いだ大浜はひたすら遠浅で、子どもと遊ぶにはもってこいです。日差しが強いので15:00すぎから1時間しか泳ぎませんでしたが、それでも陽に焼けて真っ黒。娘はもの足りなかったようです。レンタカーを借りて1週間くらい滞在しないとですね。
 
 ***
 
 8月20日(水)朝日新聞のbe travelに「好きな灯台」のアンケートがありました。回答総数1万6857人で、1位は犬吠埼灯台(千葉)4586人。えええーっ、、、。何度か行きましたが、そんなに良かったかいな?という印象です。太平洋の荒波がドガーンと打ち寄せ殺伐とした印象で、ロマンとかノスタルジックとかを感じる場所じゃない気が私はしますが、、、。じゃあ「好きな灯台は?」と言われたら、妻も私も宇久島の「対馬瀬鼻灯台」。LC-A+:岬に写真を載せてますが、「空(青)・海(濃青)・芝(緑)・灯台(白)・雲(白)・牛(茶)・道(茶)」これしかありません。限りなくシンプルな風景。docomoのCMで採用されたくらいなので、灯台の風景の中ではNo.1なのではないでしょうか?犬吠埼は日の出の名所だ。と書かれてますが、西の海に面している対馬瀬鼻灯台からは海に沈む夕日がきれいに見えるはずです。
 
 ***
  
 会社の仕事で依頼した写真なので自分達の手元に来ることは期待していなかったのですが、後日中倉さんから、RAW現像したJPEGデータとウチら家族用に作ってくれたDVDをいただきました。2日間で撮られた枚数は400枚、圧巻です。なかなか自分の家族旅行を写真家が撮るなんてことはないので、忘れられない夏の思い出になりました。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

TV:ガォーさん再び [etc.]

gaoo2.jpg

 先日の探偵ナイトスクープでアンコール依頼により1年ぶり2度目の登場となった「ガォ〜さん(長原探偵)」。初登場は2007年8月3日、12月21日にも「祝!傑作DVD発売記念総集編!」として再放送、将来DVD入りは間違いない爆笑ネタとされています。

 
2007/8/3『ガォーさんが来るぞ!』 探偵/長原 成樹
兵庫県の男性(33)から。1歳と2歳の娘、4歳、6歳、9歳の息子の計5人の子どもがいて、我が家は毎日戦場のようだ。特に夜、寝かしつけるときが大変で、布団の上で好き放題に暴れてなかなか寝ない。これまで「いつまでも寝ないと、ガォーさんが食べに来る」と脅かして寝かせてきたが、最近効かなくなったと悩む依頼者のために、成樹探偵が一肌(!)脱いだ傑作。子どもたちに“ガォーさん”の存在を信じ込ませるために、めちゃくちゃ怖いガォーさんを出して欲しいというもの。そのインパクトある姿に全員爆笑。


いやぁすごすぎる(笑)。

 全身は、黒のSMパンツ、赤いハイソックスサンダル、バラバラの長い髪を後ろに束ね、両手には真っ赤で太いろうそく(おそらくSM用?)、後尻はほぼ丸出しで尻の割れ目にボール?を挟んでいる少し変態野郎。近くを電車が通ると近くまで寄ってろうそくをかかげて「うおーーー!」(笑)。

 深夜、子どもが騒いでなかなか寝ないでいる真っ暗の部屋に突然「ガォ〜!ガォ〜!」と入ってきて、「ふっ」と火を消して「早く寝ろ〜!」と吠えます。突然の出来事に子どもは最初は何かわからなくて、部屋の明かりをつけた途端、この異様さに当然ながら号泣(笑)、恐怖!狂ったように泣き叫びます(爆笑)。効果絶大です。あまりにもインパクト強すぎて、逆に毎晩うなされやしないかと心配になるほどです。

長原探偵は「これ年1回でいいですわ」と言っていたので、また来年ですね。3回目の登場を期待しています。次はどの寝ない子のところに行くのでしょう、、、

gaoo1.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

佐世保市宇久島に行ってきます [etc.]

10102590.jpg
 LOMO LC-A+ FUJI SUPERIA 100(既出です)

 突然今週の土日に宇久島(佐世保市)に行くことになりました。妻の仕事の関係なのですが一緒に行かねばならないのです。今週か来週行くかもしれないから休みを入れておいてと言われていたので仕事は大丈夫なのですが、今度の土曜日は佐世保の花火大会。その日は早朝の陽の昇る前から娘と海に行って貝やシーグラスを拾って、夕方からまったりと花火観賞しようかと思っていたのですが、、、

 予定変更でちょっと忙しなくなりそうです。先日から佐世保港沖合いには原子力空母「エイブラハム・リンカーン」が入っています(街から見えます)。宇久に行く連絡船はリンカーンの前を通っていくのです。目の前ではないとはいえ、なかなか撮れないアングルなのでバシャバシャ撮ってやろうと思ってます。
 
 (追記)記事をアップした朝は空母が停泊してましたが、その日の夕方仕事から帰る時には出港していませんでした、、、残念。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シーバルク [etc.]

img2.jpg
 農業用ビニルシートを加工して、パイロンと呼ばれる透明テープで貼り付けて作る巨大なオブジェ(?)です。マンホールの中に空気を送る送風機でふくらませてあり、中を移動することができます。元児童館職員で、お世話になっている世田谷の澤畑勉さんが考案したのを、佐世保に来ていただいて教えていただきました。

 先週の日曜日(7/27)小学校の体育館を借りて午後から作業開始。ハンパじゃなく暑いです。ポタポタ汗がしたたります。三角のモノは「テトラ」と言い透明のものを2つ作りました。14mと9mの「走路」、子どもならかがめば走ることができるくらい背の高い廊下です。いろんな色のついたテトラ(カラーテトラ)は普通のビニル袋を市販されている幅広のセロテープで貼り付けてあります。この作業がまたキツかった。ポタポタポタポタ汗がビニルに落ちます。作り方は透明のテトラと同じですが、シートにするまでが大変です。農業用ビニルと違って薄いため、子どもが中で暴れるとすぐに補修(泣)。同じ大きさなので、通常は透明のテトラの中に入れて使うのだと澤畑さんはおっしゃっていました。

 夕方18時すぎまで作ってましたが、用意してもらったビニル全部作りきれてません。今回大人に作り方を教えてもらうことが目的だったため、出来上がった後で、夏休みだけど学校にいる子どもたちに少し遊んでもらいました。このシーバルクの欠点は農業用のビニルの価格がめちゃくちゃ高いこと、ハンパじゃありません。1度作ってしまえば何度も使うことが可能ですが、大きいモノだけに最初にえらく費用がかかります。活用しないともったいないので、これから佐世保での子どものイベントなんかで登場するでしょう。
img1.jpg
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

グローリーホール [etc.]

gloryhole.jpg
 休みの日、くまざわ書店でサブカルチャ系のムックをパラパラめくっていたら水面が落ち込む巨大な穴の写真を見ました。なんか生理的にゾゾゾとくるような写真、夢に出てきますよこれ(笑)。合成だろと思ったらそうではない、ダムに出現する「グローリーホール」というのだそうです、そのスジではメジャーみたいですが私は始めて聞きました。いやぁこれは衝撃以上の何物でもない!ダムからあふれないように水を排出するための穴で、垂直上向きのラッパのような吸い込み口をしていることが多いので、朝顔(モーニング・グローリー)の形からグローリーホールというのだと。普段は何てことのないただの上向きの筒ですが、こんな風に水を吸い込むのは規定以上の高さまでの水がダムに流れ込んだ時のみ。比較対象物が近くにないからですが、相当巨大らしいです。
 
 日本にはこの穴を有するダムはあまりないようです、うーむ残念だ、、、。佐世保でもすぐ近くにダムがあります。しかし威圧感も何もないようなおとなしいもの。ダム穴が九州で見れるところは???と検索したら、宮崎県の芋洗谷ダムにはあるみたい。でも相当雨が降った時でないとこうは見れないんですよね、、、子どもに見せたら恐怖で夜うなされそう。あ、そうそう、隣の佐賀県有田には水が青いキレイなダム(有田ダム)があるんですよね。紅葉の時期がすばらしいのだろうけど、夏の晴れた日に写真撮りに行って見ようか。

 Googleで「ダム穴」と検索すればいろいろ出てくるのですが、flickrの写真とYouTubeの動画を。

   flickr:GLORYHOLIOUS
   http://www.flickr.com/photos/astrovinni/sets/1774549/

   ***

   YouTube:Monster hole in the lake
   http://jp.youtube.com/watch?v=Z92-E3DBN9I&NR=1

   YouTube:Lake Berryessa
   http://jp.youtube.com/watch?v=zpvkgHPLeHE&feature=related
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

情熱大陸:ナガオカケンメイ [etc.]

d.jpg
 今回期待していたナガオカケンメイさん、濃い内容でした。以前NHKトップランナーでしたっけ??で話をされていた時よりずっと良かったです。あれ程過激派(?)だとは思いませんでした。

 ロングライフを考える雑誌「d」を2006年の8号から購読しているけれど、今回の情熱大陸で言っていたポリシーが100%伝わってきていない気がしたのは私だけですかね。毎号必ずきちんと読んでいるつもりなのだけど、TV放送に感動したというか、「d」できちんと伝わっていればここまで「おーー!」と思わなかったと思うんですよね。それが「d」の採算があまり芳しくなかった原因なんじゃないか?とか勝手に思ったりしました。現在「d」は20号まで出てリニューアル休刊中、2008年夏から再スタートということなのでちょっと期待します。

 「モノを売るためにデザインを考える」のでなく、「ロングライフなモノからデザインを学び考える」そこにデザインの本質があるということでしょうか?なかなかこういう発想をしないのでうまく思考がまとまりません。ロングライフになり得るモノ、そのモノの良さと広告宣伝の関係性をどう繋いでいくか。価値をつくり出すデザイナー、彼とD&DEPARTMENTがうまく橋渡しをしてくれるとありがたいです。日本人のモノに対しての考え方が変化していってくれたら豊かさの形が変わるでしょうね。
 
 
    ナガオカ日記:http://web.d-department.jp/blog/
    D&DEPARTMENT PROJECThttp://www.d-department.jp/
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:テレビ

明日から3日間 [etc.]

 東京です。仕事ではないので遊びに行くと思われているけれど、2日とも会議なのですよ。しかしまぁ凹む毎日。この気分で職場を離れても佐世保に帰ってくるときはめちゃブルーになっている気がする。東京に行って逃げたい半分、帰ってくる時のことを考えると行きたくない半分。そのまま飛行機に乗らずに千葉の実家近辺で就職口を探すか?ほんとに。ウチの職場はなぜここまでいつも荒波なのだー!「世の中人の上に立つヤツ程アホが多い!!」と飛行機の上から叫びたい気分。

 東京にいる土曜日にNEW新宿LOFT(もうNEWではないか?私が知っているのは今は亡きLOFT)でthe 原爆オナニーズのライブがあった。対バン2つで当券¥4000+1ドリンク¥500、、、¥4500はきつすぎる。もうめったに観ることができないはずなので人生最後かもとも思うけど、あの爆音にもう耳がついていかないはず。9年前ですらギターソロでさらに音量が上がり意識がクラッときたので、今度はてんかん起してひっくり返って頭部外傷かもしれない。そんで日曜の会議は耳鳴りで音が聞こえないかもしれない。

 あーーーー!
 
 
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

6/6〜8東京行き [etc.]

 6月7・8日(土・日)と東京で会議があって、前日金曜日からひとりで行くことになりました。当日土曜日に佐世保を出て11:00までに早稲田に行くためには長崎空港7:20の飛行機に乗らなきゃ間に合わない、逆算すると家を6:00前には出ないと、、、そうなると前日(6日)から行っておいた方が賢いよね。ということで東京を満喫?してきます。

 金曜日は昼に東京に着くので、夜も含めて何をしようかと、、、。東京にいた頃まだAmazonがなかった休みの日は、ひたすら都内の本屋周りをしてましたが、いまはネットでどんな本でも頼めるのでわざわざ時間を使うメリットがありません。東京までわざわざ足を運ばないとムリなもの、1つは上野国立博物館で国宝薬師寺展が開催中なので、日光・月光菩薩を観に行こうかと思ってます(3/30の情熱大陸で放送がありましたね)。土曜の夜、音楽関係でギターパンダ・the原爆オナニーズ・Too Close To See あたりがあったら最高!と思っていたのですが都内で予定なく合致しませんでした、、、残念。

 なので写真を撮るのを中心にしようかなと思ってます。トイカメ3つにデジカメ2つくらい持って行く予定です。夜のために三脚持参。箱崎JCT・江戸橋JCTは必ず、日本ジャンクション公団で4/26にあった「ジャンクションツアー臨界編」の通りに回るのも地図上で確認するだけでもかなり充実している感じがします。シャネルが代々木で無料美術館を期間限定で作ったそうなのでそれも写しにいきたいなぁ。私が住んでいた頃にはなかった六本木ヒルズや表参道ヒルズなんかも気になります。

 昔世田谷大蔵に住んでいた時、しょっちゅう通って「いつものですね」と言われた祖師谷大蔵のパンコントマテに「赤スパ」「ティラミス」を食べに行きたいし、大蔵のあたりもどう変ったのか散策したい。そうそう、渋谷にある北海道ラーメン壱源のカムイラーメンも食べたい。新宿西口思い出横丁つるかめ食堂(まだやっているんだろうか?)の名物ソイ丼もなつかしい味、、、やっぱり予定を相当練らないとダメそうです。千葉に帰った時に妹が必ずといっていい程買ってきてくれていたのが、和菓子「叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)」の「濃茶プリン白玉添え」、これがウマイ!娘も時々「あー、抹茶プリンが食べたい、、、」という程。日もちがしないので通販なし、店舗の中でもこれを出している所が限られ個数も限定、福岡に店舗はあるけれどこれを食べようと思ったら一番近くが大阪。値段がいくらするのかわからないけど、予約してでも持って帰ってきたい逸品。妻的には「和三盆ロール」が激ウマと言ってました。最終日の予約をして前金払っておいて、会議が終わって夕方受け取って羽田空港へ行くようにしようか。
 
 大変、大変。
  
 
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アスペルガー症候群 [etc.]

 金曜日の夜、佐世保にある大学の先生の話を聴く機会がありました。心理学系が専門の方で、そこでちょっと話に出て来たのがアスペルガー症候群のこと。子ども自身の発達上の問題ということだけれども、話を聴いていろんなことで「うーん、、、」と考えてしまった。アスペルガー症候群・高次機能障害・注意欠陥多動性障害・学習障害の子どもたちが全体の約6%いるとのこと。少しづつ増えているんじゃないかな?と先生は言ってました。アスペルガー症候群とひと括りに言っても多種多様で、学齢前くらいにならないとなかなかわからないそうです。検査を受けて初めてそういう診断がつくこともあって、なかなかきちんとした数が把握できていないのが現状だそうです。

 学習障害や自閉症の子どもの感じは大学の実習で関わってきたのでなんとなくわかっているつもりだけれども、知的レベルが高くて自閉の程度が低いとされているアスペルガー症候群の感じが何かうまくつかめません。アスペルガーの話が出た時に真っ先に頭に浮かんだ本が、テンプル グランディン・キャサリン ジョンソン 著「動物感覚ーアニマル・マインドを読み解く」。2006年6月18日読売新聞日曜版の書評を読んだ時に「あー、読みたい」と当時思ったけど、価格が3200円!ハードカバー2冊分ですよ。書評の後すぐに地元佐世保の博文堂に並んでいるのを手に取ったのだけれども値段がひっかかりやっぱり棚に返したのを覚えてます。ウチに帰ってから妻に「欲しかったけど高かったんだよね」と言うと「中古で買えばいいんじゃないの?」と。あ、そうだよ!!早速Amazonを見たけれど、、、中古でも数100円しか安くなってない、、、(ショック)。送料が別にかかるので新品で買うのとほとんど変らない。Amazonのレビューやブログでの書評を読んでいたらやっぱり欲しくなり、先程ええーーい!!!「ポチッ」と押して注文してしまいました。家に届くと怖いので配送は職場に(笑)。もう注文確定してしまったのだからオドオドしてもしょうがない「あー、高かったけど読みたかったから買いましたとも」。職場に到着は来週の木曜日くらいでしょうか?ブ厚い本だからウチに持って帰ってきても隠せません。
 

動物感覚―アニマル・マインドを読み解く

動物感覚―アニマル・マインドを読み解く

  • 作者: テンプル グランディン
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

GPアニメーション作成 [etc.]

GPfilm.jpg あー先週水曜から絶不調で今も乾いた咳がずっと出ています。どうも気管支までやられているみたいです。今はまぁ8割方復帰といったところ。気がつくとブログ1週間休んでました。

 佐世保アルジャーノンでのギターパンダライブ後、ウチに帰ってすぐ娘が絵を描いてました。パンダ(ギターパンダ)がギターを弾いているのとのりをさんがギターを弾いている2枚。娘の中ではライブの様子を絵で残したくて一生懸命描いたのだと思います。音楽シーンを雰囲気も含めて1枚の静止画で残すのは、なかなか大変なこと。ライブでの様子を止めて表現するのが難しいなら、その絵を動かしてあげようかと思ったのです。

 パンダがギターを弾いているイラストをスキャンしてPhotoshopで頭・胴・手・ギター&手・ひざ上・ひざ下・口(4パターン)別にレイヤー分解して動かしたポーズ毎にセット保存。娘にはイラストとは別にタイトルの「ぎたーぱんだらいぶ」と「GO!GO!」という吹き出しを追加してもらって、それもスキャン。このポーズ毎のレイヤー分解が非常に面倒。頭がABCパターンあって胴もABCとある。膝を曲げると胴と頭の位置が下がるので、ABCと向きがあっても位置はまた違う。ギターストロークはアップ・ダウンの順で続かなければならないし、次に欲しい画のパーツ集合が簡単にチョイスできるというのに頭を使うのです。これを1枚毎の画像に分けると数百になる気がします。

 音楽はギターパンダライブCD「とばせロック!」から娘の一番好きな「のりをくんグイット」をチョイス。4分近くを動かすのはキツイので、波形編集ソフトで1分強にショート化。音楽をまずFinal Cut Express(映像編集ソフト)に乗せて音を確認しながらPhotoshopからポーズと動きを決めてレイヤー統合。それを1枚づつFinal Cutに持っていく作業をしました。静止画取り込みは1/3秒に設定してあるので、音楽と一緒に流した時にどうも合わない部分だけdeleteして新しく差し込んでも後ろには影響しないのです。完成したらDVに書き出して保存。そんでToastでDVDビデオに焼いて完成。1分程のビデオなので、非力なiBookG3でもOK作業です。

 娘にTVで観せたら、画面を見るのでなくてすぐ気持ちはVol.2へ。次の絵を描いてました(笑)。完成したのをみると楽勝に見えるのかもしれないんですがね、、、このDVDを山川のりをさんに1枚渡したいなと思ったのですが、どうしたら渡せるのかわかりません、、、。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

地球深部探査船「ちきゅう」 [etc.]

 ドックから出た後、しばらく赤崎の岸壁に接岸していた「ちきゅう」。昨日仕事が休みで確認していなかったけれど、今朝職場から見たらいなくなっていました。同僚が昨朝出勤した時にはもうすでにいなかったそうです。「あー、出港したんだ」「ちきゅうフォーエバー、、、(謎)」と思っていたら、夕方その岸壁にまた帰ってきました(笑)。
 
 先日佐世保で報道陣に公開されたというのが新聞に載っていてちょっと複雑。この船に乗ってみたくてしかたないんですよ。どんなにあのやぐら?がデカイのか間近で見てみたいのです。和歌山県新宮市新宮港では2月に一般公開しているんですよね、、、佐世保では報道陣だけ、、、今回「ちきゅう」が来たのが2回目。2年おきに検査でドックに入るみたいなので、今後度々来港してくれる可能性もある訳です。いつか佐世保でも一般公開してくれないかな?とそのチャンスを逃さないため、探査船ちきゅうのサイトでメールニュースを登録しました。「ちきゅう」の最新情報や関連イベント、ウェブ更新情報などを直接あなたにEメールでお届けします。と書いてあるので、気長に待つとしますか。
 
 このサイト、今どこで何のプロジェクトに参加しているのか?よくわかります。私的に結構好きだったりして。船でプカプカ浮いていながら制止して1点を掘り続けられるのはすごいです。これが世界一の技術の1つなんでしょうね。


   CHIKYU HAKKEN  CDEX - IODP日本実施機関
   http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/index.html
   
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

UNIQLO [etc.]

uniqepi.jpg
 
 先日ラジオを聞いていたら、UNIQLOが世界最大のパンクレーベルEpitaph(エピタフ)とのコラボでTシャツを販売と言ってました。NoFXのTシャツがあるのなら見てみたいと思ったけれど、この中で強いて聴くといえば「BAD RERLIGION」かな。TシャツとしてUNIQLOの製品をみた時、最近あまり欲しいと思わないんですよね。企業コラボなんか面白いと思うけど着ようと思うデザインがない。やっぱりそのTシャツ単価のイメージを越えられない(=お得感がない)のです。

 日曜日に珍しくUNIQLOに行ってみたら、CMでやっている藤原紀香さんのSTICK PANTSが入り口そばにドーンと展開していました。ボディマネキンに製品をはかせているけど、藤原紀香さんをCMで起用するのなら、本人のボディラインをスキャンさせてもらって1/1スケールのマネキンを作ってショップで展示させたらいいのに、と思いましたさ。かなり話題になると思うのだけど?


   UNIQLO:http://www.uniqlo.com/jp/
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

子どもと性の問題 [etc.]

 ウチの娘が4月から小学校に上がります。小学校の6年間で相当様々なことを経験し、親から離れ把握できない部分も多くでるのでしょう。一番気掛かりなのが、親として子どもと一緒にいろんな変化に対処できるだろうか?ということ。これから起こるであろう、いじめやネット端末としての携帯電話の所持の問題、また性の問題をこれから子どもの流れていくままにまかせていいのか?ここ1〜2ヵ月マイブームのように、そのことにかなり労力を使っています。思春期を通過していく時にかなりの部分を占めるのが「性」の問題、その根底にあるのが親子関係。いかに子どもの自尊心を育てていくのか?親から「生きていて幸せ、あなたが大切」というメッセージがきちんと伝わるのか?自分がきちんと愛されているのだということを時間をかけて作っていく必要がある(自己肯定感)と、いろんな人が皆言っています。しかし、まだ自分の中でうまくまとまって形になってません。まだ借り物の意見できちんとしたスジが通ってないのです。ただ、親の無知・無関心が一番マズイだろう、今から親なりにそのことを考えておかないと相当マズイこと、手遅れになる可能性が高い。ウチの子に限ってという論理は子どもを野放しにするのと一緒という気がしています。

        --*--*--*--

 先日、厚生労働省の思春期地方クリニック助成事業の講演会に行っていきました。岡山県の産婦人科専門医の上村茂仁さんの話の中から。

 子:性行為が何か、どうするのかをいつ知ったか? 親:性行為が何かを子どもがいつ知ったと思うか?この間には相当のずれがあり、女子では小学校で6割を越えているのだそうです。これは岡山県での実数です(理論値ではない)。女子の初体験の学年は、高校卒業後が一番多いけれども、その前のヤマは中学卒業春休みから高1の夏休みでかなりアップし、高2高3になると子どもよりも大人に近づくため落ち着いています。高校3年までに性行為をしている人の実数は42%、全国でも40%あるそうです。逆算すると、中3になる前にデートDVとセックスの教育を家庭で済ませておかなくてはいけないと言ってました。その教育の根底にあるのが、子どもの自己肯定感。時間をかけて作り上げてあれば、性の問題などは応用論でクリアできるのだそうです。

 自己肯定感がなく、愛されている実感がない子は「好きだ」と言ってくれるところに簡単に惹かれてしまうのだそうです。本当の自分を心から理解してくれる人がいないので、自分のことを好きと言ってくれる男性が唯一理解してくれる相手。そこがその子の居場所。SEXしようと言われると「いいよ」と言ってしまう。頭ではいけないことだとわかっているけれど難しいのだそうです。今犯罪の温床となっているのは、出会い系よりも携帯でつながる某エンターテイメントサイトと某SNSなのだそうです。昔は3〜4ヵ月かかった付き合いがメールで一瞬のうちになってしまう。名前も顔も年齢もいらないその相手に依存してしまい、男はSEXができるのだったら福岡-長崎の距離は何のためらいもなく車を飛ばして来るそうです。昔と違って、中学生や小学生の女の子でも平気でSEXの対象にしてしまう。

        --*--*--*--

 15日(土)佐世保で一橋大学、津田塾大学東京女子大講師の村瀬幸浩先生が性のことについて講演をしてくれます。今年1月に長崎県 人間と性教育研究協議会セミナーで私は聴きました。男学生はもちろんのこと、今後男性と付き合う女性、そして子を持つ親。性に悩んでいる人は、村瀬先生の話は必聴です。

 「性」を下半身のことと思うとひるんでしまうけれど、思春期までは性を「命と健康の問題」、思春期以降は「人権と共生の話」だと。この立ち位置をはっきりさせることで、「性=下半身の話」ではないということで話が進んでいきました。性を卑しむ、性と人格を切り離す(性=本能だからどうしようもない)のは圧倒的に男。そういう男の人が性を全く学んでいなくて、男が学ばないと権力で押さえ込もうとするのです。男の子は性のことについて話せる人・話してくれる人が圧倒的にいない。思春期の生理的変化や性についての悩みは自分で何とかしないといけないけない状況なのに、巷に溢れているのはメディアやアダルトビデオのような一方的な性しか目にすることがないため、その中での性が普通だと思ってしまう。女性・男性の性について何も教えられていないのに、失敗すると非難されるのです。女性は「性について何も知らない男性」のことを知らないし、男性は「女性の体や体調の変化」についても知らない。無知・無理解は最低、知らないでいい関係はあり得ない。

 親としての最終的な分岐点は、性をわが子に話せるか?どうか。性欲は相手のプライバシーに入る人間関係で、相手の命や健康を巻き込む行為。相手の人生に関わっていけるその覚悟があるのかどうか。先生の考えは、「SEXは相手の命と人生に関わる行為」と捉えています。自己肯定感を持てない中で相手の命が大切だと思うことはない。コントロールしない性は暴力、性は本能ではなく相手のことを考えて自分の行動をコントロールすることだと言っています。性的欲望はコントロールできないけれど、性的行動はコントロールできるのです。

 汚れた情報でいるので白紙の状態でない、それを学び落として欲しいと言ってました。

        --*--*--*--

 ネット端末としての携帯電話の問題。キャリア各社が家族間通話無料というサービスを打ち出していることから、すでにケータイは電話では儲からなくてネット端末になっている様子が窺えます。総務省からの要請で今年1月から18歳未満のフィルタリング強化をしましたが、2月にはフィルタリングを見直す方針が出ています。ITコンテンツ会社の圧力なんでしょうか?2月28日〜3月7日まで、読売新聞で「ネット社会 深まる闇」という記事が連載されていました。8回ともかなり衝撃的な内容。同じ読売新聞の3月2日(日)には、NPO「子どもとメディア」の方が「ネットの毒から未来守る」というコラムも。子どもの携帯インターネットの使用に関して、100%の権限と100%の責任を持つことだと書かれ、そこから具体的で明確なスタンスを示し、それが困難なら与えないといっています。

 3月6日のNHKクローズアップ現代も「携帯もたせて大丈夫?」では、10代の少女が、ネットにつながり見知らぬ男性と出会ったことでトラブルに巻き込まれたり性犯罪の被害に合う件が後を絶たないと(読売新聞3月4日 ネット社会深まる闇5:警察庁によると、2007年に出会い系サイト関連の被害に遭った18歳未満の子どもは1100人と、01年の584人から倍増した。)。今、高校生で9割、中学生で6割、小学生で3割の児童が携帯を所持し、2004年で700万人がプロフに登録しているそうです。

 3月7日(金)読売新聞 ネット社会深まる闇の関連記事:海外リポートでは、子どもの性犯罪被害対策として米国ではSNS利用を規制する方向に向かっていると書いています。SNS登録の際、不用意に詳細な個人情報を公開してしまう子どもが少なくなく、性犯罪者が同年代の子どもになりすまして近づく手口が目立つ。子どもの安全対策が目的だけに、表現の自由の侵害を問題視する声は上がっていないようだと。3月7日の「ネット社会深まる闇8」では、内閣府が昨年秋に行った特別世論調査で、ネットの有害情報を「規制すべきだ」とした人は91%に上る。表現の自由とも絡む難しい問題だ。だからと言って、反社会的な行為などを野放しにしていいわけはない。実態を把握し、処方せんを書くことが政治に求められている。と締められています。

        --*--*--*--

 プロフにしてもSNSやエンターテイメントサイトにしても、コンテンツ自体は有害でないのだろうけれど、悪意がある人が入ってくるから問題になってくる訳で、それをどう政治で折り合いをつけるのか?まだ当分の間は自分たちで防衛していくしかなさそうです。子どものネット社会を渡り歩ける能力が高まるまでは接続させない、それしかないのでしょうか?クローズアップ現代の中で、石川県のある町の「小・中学生には携帯電話をできるだけ持たせない運動」を紹介していました。絶対NOなのではなく、安易に携帯を欲しがらない・持たせないという運動です。保護者の反応は複雑で塾や学校の帰りが不安だという意見があり、地域の力を結集して街角に立って子どもを見守ることで対策を上げてました。そこまで力を入れても、そこでは全国平均の1/4の数の親は買い与えている訳です。

 子どもが集まるところは大人が集まってくる。悪意のある大人からどう守るのか?携帯がないと仲間になれないという友達関係もおかしいと今大人の世代の人達は思うけれど、実際の今の子どもたちの人間関係を理解しようと努力しないとですね。それを踏まえた上で最終的に「子どもに携帯は持たせない」と判断した時、親として場当たり的でなく、きちんと子どもに伝わるものを示せるのか?今から準備しておかないと、、、と思う訳です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

SASEBO海辺のまちづくりシンポジウム [etc.]

 先週土曜日、駅裏開発についてのシンポジウムに参加してきました。こっちは大規模商業施設反対派の集会です。

 長崎県美術館前館長:伊東順二さんの基調講演
文化というものは施設があってできるものではない。利益を上げるのと文化を追求することは別問題だと。一番気になっていた運営費の問題、公立美術館は通常では支出に対して8〜13%しか収入はないということでした。要は普通に美術館を作っても赤字ということ。しかし、長崎県美術館は2006年の純利益が300万あったということです。黒字ということ。県民支持率は04年は25%だったのが、06年?は97%。県民比率(入場者数に占める長崎県民の割合)は85%で、こんな美術館は全国にひとつもないということでした。関わった金沢の美術館は逆に85%が県外だと。海の前で普通美術品が痛むと言われて敬遠されるのだけど、真ん中には運河があって、それをまたぐ形で建物が立っている。長崎県美術館の一番どこがいいかというアンケートには一番人気は「屋上」。前館長はそれが一番うれしかったのだと。「そこで見えているのは長崎市内で、それが美術品でなく一番美しいといってもらえる場所になった。」

 建築家:隈研吾さん:「これは佐世保だけの問題でない、中心市街地問題はどこも頭を悩ませていて同じこと」「市がもっている土地なのだから、市の好きなようにやる訳にはいかない。どういう形で使うのか民主的な形にのっとって、市民コンセンサスを得られる方法を探るべき」「ホームページに載せたから公開しているというのは完全におかしい。」と言ってました。

 商業施設が来ることが完全にNGなのではなく、度を超えたものが来た場合に与える影響が大きすぎるのだと。既存の店との競争がいきすぎると、価格の競り合いで弱い方が負ける(倒産する)、でも勝った方も傷があり結局のところ税収入は年々減っていく。これは試算で税収は減少するというのが数字ででています。隈さんの関わった建築からでてきたことで理解したことは、中心市街地にどれだけオープンスペースをもってくるか、そこに一緒に文化施設をもってくるかということでした。大型商業施設のアンチテーゼで美術館なのではなく、よりベターな方法を市民が模索しなくてはいけないということです。後で会場からあった話では、その人は美術館に行くと何故か温泉に入りたくなるのだと。美術館の隣に温泉もいいんじゃないか?と言ってましたが、それもある意味貴重な意見だと思います。数少ない人間で、しかも「売ってしまえ」程度の考えしか浮かばない役所の人たちばかりでは柔軟な発想もムリな話。市民コンセンサスを得られるまで充分議論をするべきです。元館長は、金沢では何もない施設を作ったとのことです。大型モニタがあって舞台としても使え、無線LANでネット接続できる何もないオープンスペース、そこでは様々な人がいろんな形で利用することができ様々な人が集まってきます。四ヶ町などがなぜあれだけ活気があるのかといえば、そういう「人の交流」があるからだそうです。そういう施設をどういう形で作れるのか?3月に決定してしまうにはあまりにも時間がなさすぎます。
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

AFESHIP ソマリー・マムさん [etc.]

 日付は前後するけれど、福岡から帰ってきた翌月曜日夜はカンボジアのNGO団体AFESHIP(アフェシップ)代表で人権活動家ソマリー・マムさんの講演会に行ってきました。東京大阪・佐世保の3ヶ所で5日間公演されてましたが、翌火曜のNEWS23内で特集として全国放送されていたので、見た人も多いと思います。なんかいずれ、ソマリー・マムさんはノーベル平和賞とかとるんじゃないか?と思うのですが?
 
 
 九州では佐世保だけ、200名定員の会場が満員でした(佐世保でやってくれて超ラッキー!)。日本人が外国で少女を買う(買春)という話は聞くけれど、かなり悲惨な状況です。女性や子どもが人身売買され、性的奴隷の状態で人間として生きていない子どもが相当数います。ソマリーさんは、そういう少女を買春する日本人が少なくないといいます。子どもたちは人間としてみられていないので、暴力などによりショック状態から立ち直れなかったりするそうです。人身売買や性的搾取の被害者を救出、保護し、社会復帰にむけての支援をしているのがアフェシップです。カンボジアに来るそういう日本人男性のイメージしかなかったので、今回は正直恐怖心があったみたいです。
 
 
 カンボジアの歴史的なベースもあって、なかなか国全体での取り組みはされていないのだと。アフェシップが襲撃されたこともあり、実際命を狙われるような場面もあったそうですが、国際社会がアフェシップを援護する形になったため、知名度の上がってきた私(ソマリーさん)は殺されずに済んでいるのだと言ってました。知名度がなければとっくの昔に殺害されていると。公演会で話をしていたその襲撃事件はかなりすごいです。

  国際子ども権利センター:アフェシップ襲撃事件
 
 
 外国で少女を買春する日本人、他人の痛みがわからず自分の欲望だけで生きている気がします。人間の理性がなくて「野獣」という言葉でしか表現できないですね。人間の入れ物に入った「獣(けもの)」です。どう理解しようとしてもそれ以外に適切な言葉が見つかりません。
 
 
 会場で本を買おうとしたのだけど、完売でAmazonで頼みました。昨日到着。
 

幼い娼婦だった私へ

幼い娼婦だった私へ


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

1/31 参議院予算委員会質疑 [etc.]

 今日の午後から放送のあった国会中継「参議院予算委員会質疑」、道路特定財源のことで与野党の攻防がありました。その中で社会民主党党首の福島みずほさんが佐世保の話を出していました。かなりローカルな話でしたが、佐世保の人は必ず夢中になったでしょう。佐世保市金比羅町光海中学校前にある、天空にそびえ立つ要塞のような米軍宿舎、あれ40億かかっているのだそうです。写真フリップにして出していましたが、あれは笑った。その要塞の中は10戸しかないので、1戸4億円かかっている計算になるのだと。しかも、それはいわゆる軍事費の「思いやり予算」からではなく道路特定財源から支出されているのだそうです。地元で入ってくる話では米軍関係者もあの要塞を見て「あれはやりすぎ」と言ったそうです(笑)。ほんと何故??「福田総理にお答え願いたい!」と何度も言っているにもかかわらず、何度も出てくるのがいろいろな部署の官僚。「だから福田総理に!」と言っても総理は立ち上がらない。
 
 
 さらに、「させぼ港インター」から米軍基地(ベース)前を通っていく高速道路が今建設中です。ベースまでまっすぐな一般道の上を高架で走るので、ほとんど意味ない気がしますが?あれを1km作るのに200億円費用がかかっているとTVは言ってました(マジで?)。そして、今ある「させぼ港インター」からたった4kmしか離れていないベース前にインターチェンジを建設中です。地元では、これは米軍が素早く移動するための「軍用道路」だね、と言ってますが、福島党首も「地元では軍用道路だと話されています」と言ってました。よく調べていらっしゃる。それに対して石破防衛大臣は「軍事利用はほんの数%でしかなく、ほとんどが一般利用のためのもの。利便性を考え、街中を通過しなくていいよう交通アクセスを容易にするため」だと。社会保障費をガリガリ削りながら、片方ではいらない道路へ必要以上のお金の垂れ流し、おかしくないですか?と福島党首は言ってました。やれ!やれ!もっとやれ!いらないこの無駄な高速道路も道路特定財源から出ている訳ですよね。道路特定財源は、一度やめてみて道路もボロボロになり「やはり必要だね」という国民の声が上がったら再度始めてもいいと思うのですが何故それができないのでしょう?ほんとに、利権がからんでいるとしか思えないです。
 
 
 福田総理が辞任したら平均株価は間違いなく上がりますね。
 
 


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

金土日 [etc.]

  26日(金)家族3人で佐世保から千葉に行ってきました。千葉の実家に着いたのはすでに暗くなった18:30、翌土曜日は昨年亡くなったばあちゃんの墓参りに行って、15:30すぎには妻と娘を千葉に残して私1人また羽田から今度は福岡へ。親のところにいたは20時間くらいしかいなかったことになります。

 羽田発は20:05、実家の前から羽田空港まで直通のリムジンバスの時間が合わなくて、結局確実に時間が読める電車で行くことになりました。JR千葉駅からJR東京駅までは快速で45分、早すぎる出発だったけれどナイショで「箱崎ジャンクション」まで写真撮りに寄るため。東京駅で半蔵門線に乗り換えて水天宮前まで。おーー!これが東の横綱「箱崎ジャンクション」!後20分〜30分くらい待てば陽が落ちてライトアップされてキレイに見えるのでしょうけど、三脚は持ってなかったし、なんか早く空港に行っておかないとという胸騒ぎがあったのでLC-A+で何枚か撮って足早に退散。歩いていける距離に「江戸橋ジャンクション」もあるのだけどしょうがない、、、
 
 
 浜松町から東京モノレールに乗っていた時、座面からポロッとLC-A+が落ちて、信じられんことに裏蓋がパカッと開いて(*@¥$#&%)!!!、完全に数枚はダメになりました。有り得ん!せっかく初AGFA VISTA400で、LC-A+初東京撮影だったのに、、、光でカブっているのが相当枚あるのは間違いないです。あーへこみます。カウンターもリセットされてしまったので何枚残っているかわからないし、、、まだ後数枚残っているはずなので後日現像に出します。
 
 
 羽田へ着いたら、アナウンスで「ANA福岡行き欠航のご案内です、」と(!)。胸騒ぎはこれか!と思ったら1本前の便が欠航でした。予約を取る時に、この便にするか最終便にするかで悩んだんですよね。欠航理由は機材調達ができなかったためなのだと。要は飛行機が用意できなかったためのようです。これも有り得ん。早いもの順で他の便に振替してました。空港内のアナウンスを聞いていると東北は雪が多いようで、秋田行きは着陸できなかったら最悪羽田まで引き帰しますと言ってました。羽田に来るはずの便で来れないのがあってやり繰りできないみたいですね。
 
 
 23:00福岡のホテルへ。もうすでに疲れてくたくた。翌朝絶対に7:00に起きていないといけなくて、1時間おきに起きていた気がします。夕方、AGFA VISTA400とKodak ULTRA 400を1本づつ購入して佐世保へ。19:00佐世保着、、、とにかく疲れた。
 
 
 金・土・日と三連休だったので、さすがに月曜日も休みにして四連休はとれないので、今日火曜日に有給休暇を事前に入れておきました。よかった、休みとっておいて。昨日は仕事をしていても「疲れている」というよりも「弱っている」感じ。よく考えたら、1月4日以降完全オフの日がなかったんですね。ちょっと今日もまだ弱っている感じです。
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡天神でお買い物 [etc.]

 アンジェラ・アキさんのコンサート12日の夜は、家族3人そのまま福岡では高級なシーホークホテルに泊まり。3連休ということもありトリプル通常1泊¥40,500なのだけれど、想像を越える笑っちゃうくらい格安で予約できる裏技で。

 翌日曜日は天神をぶらぶら。以前イラストカットを別口で2点頼まれて描いたのが思わず6000円いただけることになり、うおー!大興奮(今までちょこちょこ描かされても何のお金にもならず)。さーーーて!何の本を買おうかと数年分の新聞切り抜き束も一緒に持って行ったのだけど、アンジーにすっかりやられて夜にチェック忘れ。ジュンク堂に行ってから「あ!チェック忘れた!」と、、、まず最初に思い出して買ったのが、
 
            *--*--*
 
 美術手帖2006年12月No.889「全身全景 大竹伸朗」。いやぁすごい、すごい。すでに何度も繰り返して読み、家でDVDに残してあった情熱大陸も再度観ました。2006年発行のドローイング作品集「ヤバな午後」って今どこかで買えるのだろうか?これはちょっと見たいです。その他、ピンホール写真技術みたいなのも買おうと、持ってウロウロまでしたのだけど結局元の棚に戻しました。さんざん考えたのだけど、ジュンク堂ではこれ1冊。

美術手帖 2006年 12月号 [雑誌]

美術手帖 2006年 12月号 [雑誌]


 その後、大名へ。そっち方面で一番行きたかったのがヴィレッジヴァンガード大名店。店に入るなりいつものこと大音量の音楽。どうもかかっているのが私の一番ツボのメロコア、たぶんこのアルバム?は全てカバー曲で構成されているらしい。店内放送2曲で完全にやられてしまい、何を流しているのかレジに聞きに行ったら「ただいま店内放送中」と置いてありました。アーティスト:Too Close To See、アルバム名:Good Old Daysだということを確認。速攻アルバムを置いてある地下に行って発見。ヴィレッジヴァンガードでは発売以来ロングセラー中だとポップに書いてありました。まだ4500円くらい残金あるし、価格1600円ということで即決!

 このToo Close To Seeの2ndアルバム、名曲カバーばかりなのだから詞も曲もずば抜けていいのは間違いない。全曲カバーで構成されているというところに賛否両論あるだろうけど、アレンジは90年代に私がはまったメロコアの王道。注目すべきはその音のバランスと疾走感、インディーズアルバムとは思えない程。メジャーに負けないこの音づくりはうまいです。1stも欲しくなりました。

GOOD OLD DAYS

GOOD OLD DAYS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CATCH ALL RECORDS
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD

 ヴィレッジヴァンガードのCD売り場の目と鼻の先には画家:山口晃さんの作品集が。かなり前に出ていたらしいですが知らなかった。佐世保には当然のように売ってません。2007年7月Vol.896美術手帖「写真家になる基礎知識」号で「アートで候。会田誠 山口晃」展の記事があったのですよ。画集だからしょうがないとはいえ、2900円という価格で少し尻込みしたのだけど、もう手に入らないかもしれんと思うと「えいや!」と買うことを決めました。印刷でこうなのだから、ホンモノはかなりスゴいのでしょうね。観てみたいですねぇ。画集の中には四天王像の作品は載ってなかったのが残念(四天王像はこの作品集の後の作品のようです)。後で気づいたのだけど、買った美術手帖の定期購読の広告写真の中に、特集「会田誠と山口晃」と書いてある号が。ちょっとこれも欲しくなりました。

山口晃作品集

山口晃作品集

  • 作者: 山口 晃
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: ペーパーバック
 
 ヴィレッジヴァンガードでフィルムAgfa VISTA400を見つけ!もうこれもいいや!と1つ購入。妻がウィンドウショッピングに気をとられているうちに、ビックカメラでフィルムをさらに購入。Kodak Ultra Color100、Portra400、EPPの3本。これは6000円(もうすでにオーバー)からでなく自分の財布からこそっと出しました。

 ウチに帰ってきてから欲しい本を思い出して「アーーーー!」っと、、、後の祭り。
 
 
 


ディズニー福岡進出へ [etc.]

 今日1/1の西日本新聞1面トップ。

 東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが、世界初業態の屋内型娯楽施設を福岡市内に開設する方向で候補地の最終調整に入ったそうです。福岡博多区で計画中の「第二キャナルシティ」内が最有力と。九州新幹線鹿児島ルートが全線開通する2012年をめどに開設で、今年2月に開設場所を決める見通し。

 テーマパーク型ではなくて、建物内部でディズニーキャラクターを使ったショーや飲食、物販の提供中心になるのだと。知らなかったけどディズニーランド&シーは入場者横ばい、全国でのグッズは赤字なのだと。収益を見込めるアジア市場を重視して、大阪名古屋札幌の先に福岡で決まりそうです。書いてある記事内容からだと順次大都市圏では着工するみたいですよ。福岡は中国韓国からの観光客が多いですものね。街の標識にもハングル文字が書かれていたりするところが、他の大都市と大きく違うところです。
 
 西日本新聞紙面にはその場所の写真が載っているのだけれども、こんな狭いところに??というのが正直な印象。「え?ここで新型ディズニーランドが作れるの?」と思ったのだけど、いくらなんでもそこまで魔法では作れませんね。ショーが中心ということは年中やっているディズニーオンアイスみたいなものになるのかな?ウチの家族も1度行ったけれど、2度目は行かないなと思いました。高い値段のグッズを売るためでショーで、メインなのに客引きのような感じを受けて、なんか納得いかなかったのです。
 
 
  西日本新聞:ディズニー福岡進出へ運営会社最終調整
  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新年おめでとうございます。 [etc.]

 訪れてくれる皆さま、今年もどうぞよろしくお願い致します。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

佐世保事件 [etc.]

  12月14日、義父の誕生日なので日頃の感謝をこめて、仕事を終えて家族と外で食事をしている時、店員さんから「今ルネッサンスで殺人後たてこもりがあって、犯人はその後銃を持ったまま逃走しています。用心のため店の鍵をかけています。」「・・・!!」娘は周りの緊張感と恐怖で泣き出しました。今いる店はルネッサンスから歩いてこられる距離。自宅に戻るのはいいけれど、そこも歩いてこられない距離ではない。どっちに向かったのか?もし家に入ろうと思えばどこからでも可能な貸家です。街は物々しい雰囲気、ルネッサンスにつながる交差点は警察が緊急配備して出ることはできても入ることができません。上空はサーチライトで照らしたヘリが音をたててます。TVでは1名死亡と負傷者の報道。今回ばかりは恐怖でした。娘は車で帰る途中「みんな鬼に見える」と。

 亡くなった女性倉本さんは、昨年娘が幼稚園のスイミングで教えてもらっていたクラスの先生。今年はクラスが変って直接指導してもらうことはなかったのですが、同じ時間のプールで娘の隣にいた人。私が倉本さんと話をする機会はなかったのですが、教えている姿が穏やかでとてもいい先生に思えました。最初、娘に「水は怖くないのだよ」と教えてくれた先生。娘は「心臓が破けそう、、、」だと。どうも倉本さんは巻き添えのような感じです。犯人自殺ということですが、溜まった澱が解消できません。
 
 
  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

そうそう、書き忘れ! [etc.]

 iBookが修理から帰ってきた。詳しくはここの記事。修理4回目なので、オカシイのはいつも交換されるロジックボードだけじゃないはず!とひとこと言わなきゃおれなかったのでメモ書いて一緒に渡したけれど、案の定ロジックボードのみ交換で帰ってきた。コメントへは無視。無駄な抵抗だとは思ったけれどまぁ思った通り。最終章のカウントダウンが始まった気分です。

          ***

 土曜日に「FUJI SUPERIA 100」を佐世保四ヶ町キタムラに探しに行ったけど、もう「FUJICOLOR 100」しか置いてなかった、、、ガーン!かなりショック!お別れを言う前にどこかへ行かれてしまった気分。ネットで送料使って買うのも何か納得できないし、しょうがないか、、、(三ヶ町ハートプラザ行ったらあるかな?)
 
 
 


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

情熱大陸:辻信一 [etc.]

 書くのが遅いから今頃。書きたいこと書いたらいっぱいになっちまった。
 読みたい人だけ読んでおくれ。

------------------------

 拳を振り上げる環境運動は長続きしない、楽しむことが大事と。この人が登場したことで日本の環境運動が明るく楽しくなった。地球温暖化に警鐘をならした「不都合な真実」のアル・ゴアと決定的に違うところは「急いじゃだめ、ゆっくりでいい」というところ。番組後半で出てきた本:ハチドリのひとしずく、火事になった森にハチドリはせっせと口に水を含んで消そうとする。周りの動物は「そんなことをしていったい何になるんだ?」と言って笑う。そうするとハチドリは「私は私にできることをしているだけ」と。

 環境問題って、どうしても自分がしていても、他の人達が皆しないんじゃ意味ないんじゃないか?って思ってしまうのですよね。番組内で辻さん本人が言っていたのが「そんな小さな些細なことをやってこだわっているんですね。」と周りから言われると。確かにそう見られるんじゃないか?と気になるのは正直なところあります。そう言われるのも気恥ずかしいし居心地悪い。「でも、こつこつそんな小さなこと、一見些細なことからやっていくしかない。」って彼は言うんですよ。「私は私にできることをしているだけ」そういうことなんですよね。その次のセリフにシビレましたよ。「それは楽しいですよ。だって文化つくってるんだもん。」
 
 
 今年の夏、ウチの家族3人でできるだけ冷房を使わないようにしようという試みをしました。夏の途中で気持ちが萎えてしまわないように周りにも公言。5歳の娘は絶対に冷房を入れようとしません。ただでさえ暑がりで汗かきなのに、車に乗っても「ダメ」と言って真っ赤な顔をしています。窓全開でもさすがに熱中症になるかも?という危険性のある時と家の中でも熱すぎる時にはつけてました。できる範囲で。娘:「あーやっぱり涼しいね、気持ちいいね、、、」といいながらも次にはやはり「ダメ!」と。5歳の小さな活動家でした。しかし皆に知れ渡ってからは、「やっぱり窓開けて走っているんだね」と言われることが多く、その手前閉めることができなかったのは正直なところ、、、でも夏中盤にもなると暑さにも慣れて苦痛ではなく、窓開けて走るのは無理しているのでなく普通になりました。逆に他の車で冷房かかっているせいで家族は風邪ひいたのですよ。さすがにウチの電気代はかなり節約。ガソリン代もかなり節約できたはずです。しかし、佐世保市の電気使用量が減ることはなく我が家の試みは佐世保市全体からしてみたら敗北という結果。「私は私にできることをしているだけ」テレビのその言葉に自分たち家族がしてきたことをきちんと評価してくれたような気がして胸がスーッとしました。

 「昔の生活」をするのはやはり無理がある気がします。「なるべく無駄にエネルギーを使わない生活」これを日々心掛け考えていくしかないですね。この回の情熱大陸はとてもエネルギーをもらいました。そういう人多かったんじゃないですかね?

             --*--*--*--

 3年くらい前でしたかね、内閣府がスポンサーのラジオ番組「中山秀征の愛してJAPAN!」で京都議定書のことを話していたのを仕事の車の中で聴いた覚えがあります。話はウロ覚えなのだけど、その時ですらすでに基準年の目標値ー6%から減るどころか増えていて、8%近くの削減をしないと京都議定書の排出量は守れない、これは企業だけで削減できるレベルを遥かに超えていて、国民一人一人が排出量削減について取り組みをしなければ絶対に無理だと。冗談抜きで「自分とは関係ない出来事」では済まされない状態なのだと言ってました。

 先日11月6日の新聞に、環境省が5日に発表した06年度の日本の温室効果ガスの排出量の速報値が出てました。前年度よりも1.3%減ったが、京都議定書の基準年(90年度)を6.4%上回っているそうです。いろいろ除くと7.0%排出を減らす必要があると書かれてました。目標達成は厳しいと。排出が削減できなかったら、海外から排出権を買って補う必要性があるので、その分の税負担にも影響しかねないと書かれてあります。

 国民運動の「チーム・マイナス6%」、街角でチーム員宣言を集めているところも見ます。この運動が京都議定書で約束した6%削減する努力、国民一人当たり1日1kgの削減を目指そうという試みです。私はチーム員宣言しましたが、これはあくまでも個人が削減する見込みなんですよね。削減した量ではない。でも、この個人の見込値も京都議定書で約束した−6%量の中に入れているはず。そこまで切羽詰まっているということですね。私宣言してましたが、書かれてあるのが恥ずかしながら770gです。1日1kgの削減は大変です。

  チーム・マイナス6% - みんなで止めよう温暖化
  http://www.team-6.jp/
 
 
 このチャレンジ宣言した時に出るカード、これをマクドナルドで見せると260円〜290円のビッグマックが150円で買うことができるのです。しかしですよ、先日の情熱大陸で言っていたのが、「アマゾン川流域が破壊された大きな原因は牛肉」で、辻さんは一人で「Boycott Bush Beef キャンペーン(BBB)」というのをやっているそうです。環境破壊と輸入食料のフードマイレージ(輸送量(t)×輸送距離(km))を考えると、相当CO2を排出して牛肉をマクドナルドに持ってきている訳ですよね?マクドナルドの会社としてはチャレンジ宣言をした人には150円でと、そういう貢献はわかるのですが、なんか矛盾しているような頭グルグル状態です。

  マクドナルドのビッグマックを本日から150円で買う方法 -GIGAZINE
  
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死について [etc.]

 先週千葉のばあちゃんが亡くなった。距離はそんなに遠くはなかったのだけど、自分の年齢が高くなってからは全く田舎へは行かなくなり、私が小学生の頃の元気で目が輝いている姿しか印象に残っていなかった。脳血管の疾患で倒れ半身麻痺になっても医療の世話にはなりたくないと抵抗して周りを振り回していた。 母と電話している時、半身麻痺になったばあちゃんの様子がちょこちょこ話に出てたけれど、私の中であるのは、ばあちゃんは元気な頃の姿。どうしても半身麻痺になったばあちゃんがイメージできない。実際、自宅で食事を全く摂らなくなっても点滴もさせてくれない。自宅での生活では限界があり、病院で拘束をしてでも点滴をしない限り命がもたない状態。8月末から入院し、ばあちゃんにとっては不本意で全身の力を振り絞ってでも抵抗していたらしいが、血管が細くなって点滴も入らなく病院でもできることがなくなり、いよいよというところで一時帰宅となった。3日間の帰宅、往診をしてくれる病院ではなかったため、最後の自宅。帰ったその日に穏やかな顔をして亡くなったという。家に戻って来るまでの2ヶ月間、帰ることだけを望んでばあちゃんなりの主張をしていたのだと思う。
 
 
 ばあちゃんが亡くなった週末の金土日と用があるため偶然にも3連休を入れていた。長崎から羽田までの飛行機の空席を探して強引にでも千葉に行こうと思えば行けた。親は通夜や葬儀で自宅と田舎を頻繁に行ったり来たりの状態。いろんな状況を考えてかなり悩んだが最終的に行くのを止めた。一番大きかったのはお金の問題、行って葬儀まで出て往復で10万円かかる。妻は行くならお金はなんとかすると行っていたが、降って湧いてくる訳ではないので、どこから出そうと自分達の財布の中から出すことになる。国税庁が行った民間給与実態調査の05年のデータでも県民所得ランキングでは長崎県はワースト5。他は知らないが、私の周りの人は皆普通に貧乏を楽しむ気質がある。所得がはるかに違うのに缶コーヒーなど物の値段は東京と一緒(マクドナルドは地域別価格)、同じ120円でも東京の120円とは訳が違う。なんとかならんのか?と思う。私1人行って3日間で10万円。金額ではないのは分かっているが、死んでから最後会いに行くのなら、その1回を何故生きているうちに会いにいかなかったのか?、、、また、こういうと失礼な言い方だけど、死んでしまった人に10万円かけるのなら、今生きている自分の娘に10万円かけてあげたい。そんなことが頭をぐるぐる回る。
 
 
 それと、かなり強行軍でバタバタになりそうな3日間、ばあちゃんの最後というのはわかるけど、セレモニーに追い回されるのが第一優先になりそうなのは目に見えている。セレモニーに参加することと、その人の死を悼むことは完全にイコールではないと思っている。同じ10万円かけるのなら、近々超割で3人千葉まで行ってばあちゃんの墓前にゆっくりと手を合わせた方がいいと判断。実際、葬儀の日は大嵐で衣服はびちょびちょ。ばあちゃんを弔う気持ちも、不快感で別の方に気がとられたのは否めなかったはず。
 
 
 亡くなった人に対して生きている人ができる最大の敬意は「その人を忘れないこと」。年に2回でも亡くなった人に対して思う機会として、お盆はとてもいい日本の風習で、先祖に感謝することと自分がこうして生きているということの有り難さを確認する日だと思う。自分の親が二人いて、その二人の親にも二人ずつ親がいる。その二人ずつの親にもまた二人ずついるという果てしない逆ピラミッドになっていて、「そのどこかの人が子どもを生む前に亡くなってしまっていたら、あなたはこの世にはいなかったのだよ」というのを小学校の時に先生に教えられた。あなたが今ここにいるのは奇跡に近いのだと。自分の後にも自分を頂点としたピラミッドは続いて行くので、生まれてくる子どもたちのためにも自分の命を大切にしなくてはいけなのだと言っていた。
 
 
 こう書いているけれど、やはり葬儀に出ていないというところで、私の気持ちの中でばあちゃんを送り出してケジメがついていない。毎日ばあちゃんのことがひっかかっている。千葉に行って墓前で手を合わせるまでこの気持ちは続くのでしょう。
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitter [etc.]

 今更ながらですが、突然Twitter始めました。サイドバーに地味に置いてあります。

  Twitter...「今、何している?」でつながる新種のSNS
  http://twitter.com/

 
 
 TwitterはSNSですが、私誰ともつなげてません(笑)。Mixiや他のSNSにも入ったけど全くと言っていい程ログインせず、、、SNS自体どうも私には重すぎる。こうやってブログを書いている以上、閲覧者数やコメントなどでレスポンスがあるとうれしいし、それが励みになっているのだけど(励みになる程レスポンスない(笑))、ブログで数が上がったり、たまにコメント書いてくれるくらいの「誰かとつながっている?」が私的には丁度いい。
 
 
 何かをふと思った時、目の前にパソコンと時間があるとは限らないし、1つの記事にする程でもない。メモを取っても、アップする時にはもう「今」ではないので旬を過ぎていることが多々。Twitterは、ちょこちょこと書けるそのフットワークの軽さが魅力です。ポイントが高いのが「30分前」とか「6時間前」とか時間を入れてくれるところです。これがなかったら「今」が見えないのでサイドバーに置かなかった。
 

 Twitterは英語のサイトでしたが、新規登録するのに障害はありません。Settingsから携帯電話から書き込みができるように番号を入れるようになっているのだけど、よくわからない。090から始まる番号だけでOKな訳ないはずで、国番号とかも書いてあるのだけど、なにせ英語がよくわからないのである。適当にやったけどやっぱりダメ。パソコンの前に座っている時しか書き込みができないのはちょっと不満だなぁ、と思っていたら、日本の携帯電話でtwitterをするためのサービスがありました。「がらくたラボ(右図)」「モバツイッター」です。先に英語サイトの本家Twitterで登録を済ませておかなくてはいけないけど、モバツイッターを携帯ブックマークに登録しておけば、電波の届く所ならどこでも更新が可能です。やった!Twitterはケータイメールのノリで、アドレスなど個人を指定せず適当に投げっぱなしということができるのがいいのです。(勝手)
 
 
  がらくたラボ:Twitterは携帯電話で決まりっ!
  http://f-shin.net/labs/2007/04/twitter.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

爆笑!麻生太郎 [etc.]

 次期首相に一番近い男だった(過去形?)麻生太郎。無類のマンガ好きであるということは政界では周知の事実。

「マンガは日本の文化だ」

といい、2007年6月20日号ダカーポの麻生太郎特集では

麻生:「マンガを読むと、今の世の中で何が求められているのか、どんな人材が求められているのかよくわかる」

と書かれてました。いやぁ、マンガを通して政治をされたらたまらんですよ、根っから悪そうな顔と軽はずみな発言(だからといって福田さんがいいという訳ではない)。安倍さんがいよいよダメになった時、ムクムクと自分が首相になるシナリオが頭をもたげてきて、最後にトドメを刺した。ぷちクーデター

 マンガ雑誌7誌は毎週欠かさず読み、時々読むものや月刊誌を含めて月20誌以上は目を通しているのだと。「そのときに人気のマンガは、時代の空気を見事に反映しているんだよ」というのが持論。麻生太郎がくり返し読み直すマンガ10冊が書いてあるけれど、私が知っているのは1位:ゴルゴ13と8位:サラリーマン金太郎だけ。後は全く知らない。

 今朝のワイドショー番組「とくダネ!」で、福田VS麻生の特集があって、その中で国民はこの2人のどういうところに関心があるのか?検索サイトで「麻生太郎 ○○」「福田康夫 ○○」と名前の後、スペースを空けて打ち込む次の言葉(第2検索ワード)のベスト10をやってました。2人とも4位までのキーワードは普通。5位以下を2人とも隠してましたが、福田さんは5位以下も政治家として普通のキーワード。

 しかし、麻生さん!

 5位:ローゼンメイデン
 6位:漫画
 7位:クリアファイル

 あまりにも政治とかけ離れた謎のキーワードに小倉さん笑ってました。5位:ローゼンメイデン(何?) 秋葉原で取材したら、そういう人達は皆必ず知っている萌え系でマニアックな漫画だと。なぜローゼンメイデン?と麻生太郎なのかというと、どうもTVに麻生さんが映った時にこの漫画を読んでいるところがちらっと出たのだそうです。本人は恥ずかしいのか?ノーコメントらしいです。7位:クリアファイル これも秋葉原ではおなじみのグッズだそうで、迷彩柄の中に浮かぶ麻生太郎(笑)マンガのようなあの顔立ちが妙にマッチングしています。実際の議員パーティーのお土産(非売品)として使用されたのだと。ASSORTED PRODUCTSで本人承認の上で販売、正直目立つこと間違いなし。正直私も欲しくなりました。

  ASSORTED PRODUCTS:http://www.assorted.jp/index.html
  
 秋葉原では麻生太郎という人は特別な存在らしく、萌え系マンガの横に麻生太郎クッキー(?)が売れ!、彼のことを「ローゼン閣下」というのだと(爆笑!)。秋葉系の人からは絶大な支持があると言ってましたが、オタク文化がメジャーな文化の1つとしてお墨付きがもらえるかどうかの一大チャンスですからね、、、

 でも麻生さん、マンガ20誌を読む時間があったら政治・経済・国際の本読みましょうよ。
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

マクドナルド原田社長 [etc.]


 
日本マクドナルド 代表取締役兼社長兼CEO
原田泳幸さん

 1997年から2004年までAppleJapanの社長だったのが、突然同じマックでもハンバーガーの方への転身。最近では首都圏で展開を始めたハンバーガー抜きのマック「MacCafe」でテレビに出ましたね。この原田社長は佐世保の出身です。私が佐世保に住んだ時にはすでにAppleの社長で雲の上の人。佐世保のAppleユーザーグループの方の中にはiBookに原田社長のサインを書いてもらっている人もいます。

 原田社長は佐世保南高の出身で、日曜日に南高の創立60周年記念行事で講演会がありました。学校の体育館とかでするのでなく、街中の文化ホールで。粋な計らいで一般の方も入場無料。これは聴きに行かなきゃでしょ。卒業生などにも声をかけているのでしょうね、大ホールがほぼ一杯です。テーマは「頑張れ!若者」。

 佐世保での生い立ちから話始め、日本NCR研究所に就職「不可能を可能にすることを学んだ」と言われてました。不可能な機能を不可能な期間内で、不可能な予算でやらなくてはいけない。こうなると論理的に作っても思った通りにはいかない。ひたすらずっと考えていると、閃いて一瞬で解けることがある。人間の能力というのは限りなく創造できるのだと学んだそうです。
 
 1997年48歳、Apple社長。つぶれかかったAppleJapanの社員を1ヶ月で半分にした。役員全員を1日で入れ替えたそうです。「何もしなくて負けたら敗北者、何かして負けたのなら敗北者じゃない」
 
 2004年55歳、日本マクドナルド社長。なぜマクドナルドなのか?よく質問されたが、正直よくわからないのだと。何かの人生の巡り合わせなのか?自分が選んだのではなく、運命のような巡り合わせのような気がする。今のビジネスの大変さがわかっていたら入らなかったと言ってました。知らなかったから大改革できたのだそうです。先をあまり知ると阻害要因になる。信念の方が大事だと。Appleから変わって4年間、転職して良かったと言ってました。

コンピュータとハンバーガーのビジネスモデルの違い

  コンピュータ  自分で作ることができない
           個人で消費サイクルは2〜3年
          新商品は3ヶ月サイクル

  ハンバーガー  自分で作ることができる
          買うかどうかは0.5秒で決定する
          ヒットすれば商品は永遠で長い
 
          *  *  *

 人間は当たり前のことができないし、一番やらない。基礎ができてなくて応用問題ばかりやりたがる。高度な応用をするためには、もっと基礎をやらなければならない。基礎がすべての成長の原点。

 一週間に1回でも自分の部下から学ぶものがない組織というのは死んでいる。それはチームのパフォーマンスに影響する。ある時は命令、ある時は黙る、ある時は教えてもらう、そういう自己コントロール能力が管理職のリーダーシップなのだと。どうしてもトップダウンで会社をコントロールしようとする。

「ものの本質を見抜く」
 常識を否定することから始めよう。iPodでポケットに1万曲は入るのは当たり前になったが、ポケットにスーツケース1杯分のCDを入れるという考えは常識を超えていた。リサーチでは1万曲もいらないと言われた。しかし、今は1万曲では足りないと言う。メガマックは4枚のパテが入っていて売れすぎてパテが足りなくなる程好調だが、もしリサーチをしていたとしても、パテを4枚入れてほしいという客は誰もいなかっただろう。客が創造しない、いらないというものと期待を超えるもの、そこに改革革新がある。

ビジネスの原点は価値を創造して対価をもらう。価値を作らずに対価をもらおうとして失敗する例は多々ある。

「人間の本当の価値」
 お金だけで本当に幸せになった人はいない。お金は可能性を広げるための手段であってゴールではない。40歳すぎた頃、NHKドキュメントで言っていた言葉「人間は求めるものが少ない程幸せです」モノでは幸せになれない。それが幸せの原点です。金の亡者にならない、要領良くお金を求めない。

「無形の価値の追究」
 これで勝負する時代になった。コンビニ24時間営業などは便利という価値。人の過ごす時間の価値を上げること、これもビジネス戦略。価値に対して対価がある。価値<対価となったら必ず負ける。

 マックはスーパーコンビニエンスを目指している。4年間で1000億の業績を上げた。皆が反対し、無理だと言ってきたことだけやった。

100円メニュー...これがないと1000億は無理だった
作り置きしない...導入に3年かかると言われたがが、6ヶ月でやった
24h営業...社員に無理だと言われた
地域別価格

--------------------------------------------------------------------
ここまで聴いて、次の用があったので退出でした。
残念。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ここ数日間 [etc.]

 ここ数日疲れてます。月末の忙しさ+休みの日にも予定がもろもろあったり、しなきゃいけないことがあって夜寝るのが遅いのです。先週金曜日は仕事は休みだったけど、朝早くから妻と福岡キャナルシティまで行って会議。会議後は時間がなかったけどちょこっとだけ本屋。以前に書いた講談社刊 川口 盛之助著「オタクで女の子な国のモノづくり」は、パラパラめくってみたけど、「ホントにこの本欲しいか?」という自問に答えが出なかったので購入せず。ご飯食べて佐世保に帰ってきたのが23:30、明日からヱヴァンゲリヲン序の公開で、0:00〆切になるかもしれないと急いでコンビニで前売り購入(妻は絶対観ない映画なので1枚だけ)。

 いやぁ、福岡に行ってもほとんど天神や大名近辺で帰ってしまい、数年ぶりにキャナルシティに行ったのだけど、たまに行くといいものでした。会議の間の昼食が40分くらいしかなくて、「どうしようどうしよう」と迷いながらふと見つけたのが、料理研究家栗原はるみさんプロデュースの「ゆとりの空間」というお店。列をつくって待っていたので、しょうがない夕飯にしよう、、、と。会議後はそこで食べて正解。おいしかった。妻はベジタリアンではないのだけど、小さい頃の学校給食が元で肉・魚を基本的に食べれなくなってしまった人。野菜中心のビュッフェで100%満足だと大絶賛。ひとつひとつの料理の脇にレシピをプリントしたものが置いてあり、ごそっともらってきました。「ブロッコリーの塩・にんにくの炒め物」なんか、とびきり上等の塩とにんにくで炒めるだけ。野菜もこの程度火を入れればいいの?という感じ、ただそれだけで限りなくシンプルなのだけどとびきり美味かった。家で同じようにやってみたけど、90%同じように作れてもあとの10%が何か違う?何故?火力?

 来週末にまたキャナルシティに行く予定があるので、またそこで食事になるでしょう。ヱヴァンゲリヲンは予定の中で時間調整検討中。
 
 
   キャナルシティ博多:ゆとりの空間
   http://www.canalcity.co.jp/shop_rest/rest_detail.php?no=28

 福岡の翌土曜日は12時間勤務、キツかった。日曜日は午前中用事があって、午後からちょっと寄った妻の実家でひたすら爆睡、、、それで1日が終わってしまった。月曜日は通常8時間勤務+残業、昨日火曜は休みだったのだけど、用事の合間にひたすら爆睡。昼間に細切れで6時間寝てました。夕方寝ている時に郵便が届いたのは気づいたのだけど、娘が「パパァ!アップルから何か来てよ!」と。AppleってiPodか何か来たのかな?とアホなことを寝ぼけながら考え、、、。そしたら地元NBC長崎放送の「あっ!ぷる」という番組で、8月の休みの日に丁度映画紹介でヱヴァをやってて観賞券に応募したのが当たっていたという訳です。

うーむヱヴァの観賞券が2枚になってしまった。佐世保でのHEROの試写会には当たらなかったみたい。こっちが当たってくれたらものすごくうれしかったのに、、、


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。