So-net無料ブログ作成

映画:アバター [movie]

avatar.jpg  観ました。予想を裏切らず、いい映画でした。ジャンルはSFなのでしょうが、明らかにスターウォーズなどとは違う、きちんとした映画です。この映画を支えているのが、衛星パンドラの設定のしっかりとした作り込み。それをさらにリアリティを持たせているのが質感のあるCG。私が観たのは2D版でしたが、3D版は観なくても別にいいかな?と思えるほどです。2Dでもしっかりとパンドラの世界観・空間は感じられ、3Dのイメージできるほど。3D版は映像に酔いそうで、かなり消耗するかも。もうCGはこれ以上の技術はいらないんじゃないか?と思えるほどでした。下のリンクは映画:アバターの裏話です。

  映画関係論 - 映画製作現場の裏側:アバター [アメリカ映画(10s)]
  http://filmmania.blog.so-net.ne.jp/2010-01-14

 映画の内容をウルトラ簡単に言うと「人間 vs 先住民」。人間が自分たちの勝手な都合で住んでいる所に押し寄せてくる話。舞台となる衛星パンドラの生命全体を繋ぎ合わせるネットワークとキロ20億の鉱物、もし後で作るならばどっちが大変なのかといえば前者の方なはず、というか前者の方はまず不可能。比較できない対象だけど、どっちに価値が高いかといえばネットワークの方でしょ?しかし、本当に価値のあるものと、企業としてお金になるもの(お金にならないものには価値を見いださない)、この異なる2つの価値観が理解し合えることはまずないのだと思う。これって世の中あちこち普通にある対立だなと。地球の中の一部分であることを忘れてしまった人間のエゴ、「自分さえ良ければ」の今の世の中そのままでした。

 自然の一部であることを忘れずに生きている先住民ナヴィ、鉱物を手に入れるためには手段を選ばない人間。主人公の元兵士、車椅子のジェイクは向こう(ナヴィ)とこっち(人間)をあれだけ頻回に行き来して、あの生活の落差ならどっちが本当のアバターなのかわからなくなるのも無理はないよね。映画後半になり、ジェイクはどうするの?あの神経接続をするための施設がなければナヴィとしてはそこにいられない。戦いに勝利して「人間」を追い出したとしても、その設備がいつまで使えるのか?電源は?周りは毒ガスだよね?しかも常時アバターでいられる訳でなく、リアルな人間としてはどうするの?思いましたが、最後はなるほど納得の終わり方でした。

 先日のニュース「台湾で映画「アバター」鑑賞の男性が死亡。「刺激的な内容」が原因?」と。基礎疾患があったとはいえ、3D版で亡くなった方がいたというのもわかるなと、観ている最中にふと思いました。それだけのめり込む映画なのです。
 
 
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

SUKA・SUKA

お久しぶりです&メリー&あけまして・・・etc
コメントに入る前にたくさんの挨拶をしなければならないほど、ご無沙ターンでございます。

私の方は相も変わらず忙しい毎日を過ごしておりまして、ブログもサッパリです。家にいるよりも職場にいる方が長く、悶々とした面白くない日々を過ごしておりました。しかし、来月久しぶりの東京出張(4泊5日)がありますので、これを機会にブログ再開しようかと目論んでいるところです。今回は東京駅周辺に泊まります。ということで、ちょっとテンション上がっています♪

映画「アバター」ですが、興味深く読ませて頂きました。2D版3D版は太陽でも選べるのでしょうか?それとも2D版のみの上映なのでしょうか?

最近は妻の影響もあり邦画を観る機会も増えました。原作を読んでいることもあるのですが、「笑う警官」や今度ある「ゴールデン・スランバー」などなど・・・単に字幕が堪えるのかも知れませんが。

それでは、今年もお互い頑張っていきましょう!
by SUKA・SUKA (2010-01-28 20:43) 

linoleum

SUKA・SUKAさん、お久しブリーフです。
かなりグッドタイミング。あー、ちょっとメール打とうかな?と思っていたところだったのです。(ここでそれを書くのも何なんで、また後でメールします。)

また東京泊まりですか。東京駅周辺なら、もうすぐ取り壊されて姿を消す歌舞伎座を写真に撮っておくのがオススメです。あの姿がもうすぐ見れなくなるんですよね。そのニュースを先日TVで観て「え?次6月頃に東京に行った時にはすでに無理かも??」とショックでした。
11月に千葉幕張で撮った写真(フィルム)もまだカメラの中に入ったまま。デジタルで撮らないと完全にタイミング逃しますね。


やっぱり東京はいいですよね。たまに行くと、あーやはり佐世保は取り残されるばかりだと思うのです。

映画「アバター」、タイタニックの記録をあっけなく抜きましたね。そんなにスゴいのなら?とまたこれから観客動員が増えるんでないでしょうか?佐世保では残念ながら2Dしかやってません。皆3D観る時は長崎市まで行ってますね。

「邦画はつまらない」と思っている人も未だに多いですが、最近はかなり楽しめるモノも増えてきているように思います。ウチも観ている映画の1/3〜半分は邦画です(ハズレもありますが...)。

こちらこそ今年もよろしくです。

by linoleum (2010-02-01 01:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。