So-net無料ブログ作成
検索選択

九十九島水族館「海きらら」 [etc.]

 更新かなりサボってました(笑)。ここまで離れてしまうと、何を書こうか何を書こうとしていたのか、どう書こうか勝手がわからなくなってしまってます。

--*--*--*--
IMG_3941.jpg
 7月18日、佐世保市内にある西海国立公園「西海パールシーリゾート」内の水族館がリニューアルオープンしています。昨年8/31に「さかなクン」が登場した夏祭りが(記事:ここ)リニューアル前の営業最終日だったんですよね。

 こじんまりしているけれど、今回かなり気に入ってます。増設して作った自然光で見せる巨大水槽がいいです。巨大な魚・珍しい魚がいる訳ではないけれど、自然な海の感じが良く、ぼーっと見ていたいくらい。ルートで1時間くらいですべて回れてしまい、他の巨大な水族館と比べたら規模としてはかなり小さいかもしれないけど、私的にはかなりいいリニューアルだったと思います。イルカの水槽が小さいという声があるけれど、上を見たらキリがない。佐世保としての水族館なら充分の大きさだと思う。イルカは大村湾にもいるそうだけど、ここの3頭は命をかけて和歌山から西の果ての佐世保まで970km・15時間を陸路で来てくれた。相当のストレスで、実際移送中に亡くなることもあるらしい。こんな近くでイルカを観れるということに感謝です。

 この水族館の最大のウリだと思っている「くらげ」、この海にはおよそ100種類のクラゲが生息し、世界で見つかった二例目の「キヨヒメクラゲ」も展示。「そんなくらげがこの海に普通にいる」とこの水族館のスタッフで日本でも有数のクラゲ研究家:秋山仁さんが言ってました。先日ドキュメント番組で「海きらら」をやっていた時、くらげの餌が目の前の海ですくった水クラゲだったりしたのも驚きでした(小魚を捕食するのもあるみたいです)。かなり暗くライティングで魅せる展示の仕方をしていたりで、その怪しげ(?)な雰囲気に小さな子どもは泣いてました。

 この水族館は基本、地元で実際につかまえた生き物を展示しているので、こんなのもいるの?という驚きがあります。実家の千葉に話をしたら「知ってるよ」と。「くらげとイルカの水族館」としてTVでやっていたらしい。7/18オープン時のお客さん1号は名古屋の方だったらしいです。今は夏休みもあって県外ナンバーが超ウルトラものすごい多いです。8/9の夕方に行った時は普通に入れたので、今日(8/16)の夕方も普通に大丈夫だろ?と思って行ったらとんでもない。お盆の連休最終日だったからか?ずらっと行列ができていて入館までに30分以上はかかると。娘に聞いたら今度でいいというので諦めて帰りました(年間パスポート買っているのでいつでもOK)。旅行会社ではハウステンボスと組んでのツアーとかあるみたいなので、もうしばらくは混雑かな??
 
 
 
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 3

thrash

thrashでございます。水族館大好きです。
鹿子前水族館時代に行きました(笑)。ウミガメは元気でしょうか。
海きららは、先日、弟夫婦も行ってきたそうです。もらった写真からも「くらげ」がウリだと思いました。
帰省したら絶対行きます。イルカも好きなので、近さにワクワクします。
by thrash (2009-08-17 22:21) 

linoleum

thrashさん、あけましておめでとうございます。
コメント入れてくれたのは半年近く前ですね。
すみません。

実はもう行かれました?
ウミガメは「ジャイアン・のび太・しずかちゃん」が生きていて、
「スネオ」が先日亡くなったそうです。

またよろしくです。



by linoleum (2010-01-01 01:48) 

thrash

thrashでございます。
昨年は九州出張が2回あり、ついでに帰省してきました。
もちろん、海きらら、行きましたよ。とてもいい水族館ですね。
思った以上にボリュームがありますし、展示方法が独特です。
イルカも間近で見てきました。また足を運ぶと思います。
by thrash (2010-01-09 02:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。