So-net無料ブログ作成

やっぱりプーさんが好きなのわかる [etc.]

bee1.gif ハチミツ取りを見せてもらいました。同じ佐世保市内で春におじゃました「元気はくぞうくん」の「くまこうぼう」さんからハチミツ取るから来ない?というお誘いがあって。

  くまこうぼう
  http://www.kumakoubou.jp/profile/default.php

 「くまこうぼう」で作られている室内履き布ぞうり「元気はくぞうくん」はものすごい耐久性です。私の足の形が悪いのか?歩き方が悪いのか?ウェイトで負担かかりすぎるのか?普通に買った室内履きはすぐにボロボロに。しかし、このはくぞうくんはかなりタフで、4〜5年使ってますが全く壊れません。これは1度使ったら離せないです。

 で、ハチミツは夏休み頃なのかな?と思っていたら、寒くなって蜂の動きが鈍くなってからなのだそうで、10/26の蜂も休みで寝ている(?)日曜朝7時から採取です。場所はご自宅、庭にいくつもの蜜蜂の巣があります。黒い色は狙われやすいのでパナウェーブ研究所(古!)のような白つなぎ、ゴム手袋、ゴム長靴、ネット付き麦わら帽子で完全防備。ご主人と奥様が作業をされるので、私はすぐ近くで見学です。妻と娘は家の中ガラス越しに見学です。

bee2.gif
 蜂の巣は上から下に大きくなっていきます。巣は四角の箱を4段重ねてあって一番上をいただきます。箱は重ねてあるだけ、一番上のフタも置いて重しがしてあるだけですが、横から包丁を入れないとくっついてはずれません。で、一番下に空木箱を入れるのです。まだ気温が低いこともあり、蜂もあまり動かなくて怖くはありません。
 
bee4.gif 長い包丁で木箱の間を切っていきますが、かなり重そうです。この重さ=ハチミツの重さになるので、「この瞬間が一番楽しいんだよ」と。持ち上げた一番下の箱からは無数の蜂が玉になって固まっている姿が見えました。こうやって冬を越していくのだね。この蜂は日本蜜蜂、直射日光が当たらなく風当たりが強くない南向きに巣を置いて分蜂してあげれば、あとは時々のメンテナンスだけでハチミツをせっせと集めてくれる。行動半径は2kmぐらい。日本蜜蜂はあれこれといろんな花の蜜を集めるけれど、西洋蜜蜂はレンゲから集め始めたらその花以外のはとってこないのだそう。なので日本蜜蜂のハチミツの方が味わい深いらしいです。所々巣の中のハニカムで黒いところがあったのだけど、蜜を集めた後で蜂が羽を動かして水分を飛ばしていくらしいです。そして濃くなったところが黒くなっているそうで、そこはさらに濃厚な味がすると。

 
bee3.gif 上から重しをしてあったフタにも巣がびっちりくっついています。これは包丁入れないとはずれないですね。ハニカムの隙間を通れば上まで来れるので、運悪くフタそばにいた蜂が犠牲になってしまってます。ペタッと蜜がついてしまったらもう飛べないそうです。作業が始まる前に、近くでワラを燃やし煙を出してあるのを置いてあります。なるべく1匹でも殺さないようにするために煙に近づけて離そうとします。日本蜜蜂の寿命は約50日、若い蜂は巣の中の作業で、歳をとっていくにつれて門番になり、最後は一番死ぬリスクが高い蜜をとる役目になっていくのだそうです。フタについている蜜ろう&ハチミツも落として当然いただきます。

bee5.gif ハチミツが詰まった巣はザルにガーゼを2枚重ねた上に落として下のボウルで受けます。ガーゼは2枚に重ねれば大体不純物は濾せるそうです。それを1晩以上かけてゆっくりと落とす。巣そのまま口にいれて口のなかで崩す、どろーっと濃厚なハチミツが出て来ました。うまい!うますぎる!娘は夢中になって舐めてました。昔味わったハチミツの味ですよ、これと比べると今のハチミツは水飴で薄めているとしか思えませんね。帰りにどうぞとハチミツが詰まった巣を少しいただき、ウチに帰ってきてから同じように落としました。形を崩さないと中に入っているハチミツは落ちないんですよね、グズグズにしたらどばーーーっと出て来ました。うっほーい!    最後、残ったものは崩して熱にかけます。蜜蝋とハチミツに分離するので、蜜を除いたものを固めるとロウソクに、蜜は最初と比べてにごっているけれども食して全然大丈夫だそうです。

bee7.gif 部屋の中でハチミツを味わっていると、外に置いたザルの近くにオオスズメバチが!ご主人はあっという間に飛んでいってバドミントンのラケットで撃破!そのままにしていると戻って仲間を呼んでくるので、1匹の段階できちんと対処しておかないといけないそうです。スズメバチが取るのは蜂や蜂の子、巣自体が弱体化していたりすると、あっという間に餌食になって全滅させられてしまうのだと。1cmの隙間はアウト、7mmまでなら大丈夫らしいです。日本蜜蜂はスズメバチに対して団子状に群がって発熱して殺す手段があるけれど、西洋蜜蜂は外来種で発熱する能力はないと言ってました。

 
 いやぁ、いい経験でした。感謝感謝、ハチミツはトーストで味わせてもらってます。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。